施設理念・方針

運営理念及び基本方針 開設する理由

(1)施設運営の基本理念

  • 「自分らしく、その人らしく個人の尊厳を常に念頭に置き、地域の指標となるべき介護福祉文化の創造を推進し、「やすらぎと潤いのある施設」を目指します。

(2)目的および意義

  • 利用者さん個々のニーズに合わせて柔軟に対処いたします。入所看護介護の継続が必要な場合、その状況を斟酌して、可能な限り希望に添わせていただきます。
  • 中間施設として住み慣れた環境(自宅/地域社会)への復帰をめざします。
  • 人生の終末期の看護介護を通じて、安らかな看取りを提供します。
  • 在宅生活が難しい利用者に対しては、入所または通所にて、個々の状況に応じた介護/機能訓練を実施します。積極的自立支援型リハビリ&介護を行っています。
  • 併設ショートステイを活用し主治医と連携しホームシェアリングをして在宅医療介護を推進します。
  • 地域住民や健康老人がボランティアに参加し、いずれ自身が介護される立場となります。
    相互助け合いが重要です。ボランティアに参加することで介護を体験でき、地域住民に生き甲斐のある充実した時間を提供します。
  • 近未来超高齢化社会を考察し、健康高齢者の介護力を組込んだ「いわゆる循環型介護システム」を構築します。具体的には、
    • 地域高齢者の雇用を促進し、ボランティア、学生、研修生を広く受け入れます。
    • 在宅介護の担い手である家族が最新の介護知識や介護技術を修得出来る機会を提供します。
    • 地域高齢者の「自立支援」を促し、地域密着型多機能サービス提供機関と連携し、地域包括的医療介護支援システムを提供します。
    • 家庭内の被介護者をデイケアやショートステイに預けながら働けるシステムを構築します。
      施設と介護をシェアすることで孤立感をぬぐえ、心身はもとより経済的な助けになります。

inserted by FC2 system